最新情報・コラム

column

生活リズムを崩しやすい発達障害児。睡眠障害にも注意が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害を持つ子ども達は、定型発達の子ども達に比べて
生活リズムを崩しやすい傾向にあります。
睡眠不足は自律神経の不調などから健康を損ねてしまうことに
つながるので、生活リズムを整えることも大切です。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供する運動療育プログラムから
「リズムに合わせてグーパー跳び」をご紹介します。
2本の縄などで線路を作り、グーパー跳びをします。
慣れてきたら指導者が出す一定のリズムに合わせて行ないます。
人のリズムに合わせて動くこと、動きをコントロールすることが
前頭前野の活動を活性化させるので、
ゆっくりのペースから始め、集中力も養っていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る