最新情報・コラム

column

ASDでの興味の偏りもうまく伸ばすことで強みになります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD(自閉症スペクトラム)の子ども達は、
他の子達はまったく興味を示さないようなものに
強く興味を示し、執着して遊ぶことがあります。
例えば漢字や記号、マーク、商品のラベル、
くるくる回るものなどが好きで、
収集したり独自のこだわりで並べてみたりします。

中には、それが大きな強みになるようなものもあるので、
得意な部分は積極的に伸ばしてあげることが大切です。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供する
運動療育プログラムから「平均台障害物渡り」をご紹介します。
1本の平均台の上にカップなどの障害物を置き、
障害物に当たらないようにまたぎながら歩いていきます。
平均台から落ちないように両手を広げて、背すじを伸ばし、
できるだけつま先歩きを意識して行ないます。

障害物の数は3~4個から始めて少しずつ増やしたり、
間隔を狭めたりして難易度調整をします。

慣れてくると子ども達は速く進みたがりますが、
ゆっくりでも正確に行なうことが大切なので、
指導者は魔法の杖”(丸めた新聞紙など)を持って
子どもの頭の上をなでるように動かし、
杖に当たらないようにかがみながら進むようにします。

平均台から落ちないように全身をうまく使って
バランスをとることで、つま先の踏ん張り力や腹筋背筋、
膝の曲げ伸ばしなどが上達します。
これは、日常生活での怪我予防にもつながるので、
遊びの中で積極的に育てていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る