最新情報・コラム

column

「タイミングジャンプ」で大縄跳びの前段階の動きを習得します。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラムには、大縄跳び習得のための遊びがいろいろあります。
「タイミングジャンプ」では、縄をよく見て跳び越すことと、
同じ場所で跳ぶことの練習ができます。

やり方は、テープを使って床に30cmほどの幅のラインを作ります。
子どもはその中に立ち、線から出ないように伝えます。
そしたら指導者が縄を床を滑らせるように動かしていくので、
自分の足元に来たらタイミングを合わせて跳び越します。
縄が近づいてくると跳びたくなりますが、しっかりタイミングを見て跳びましょう。
体を縄のほうに向けると線から出てしまいやすくなるので、
縄に対して横を向いて跳ぶようにします。

上手になってきたら縄を動かすスピードを速めて、
小さなジャンプで続けて跳び続けられるように練習していきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る