最新情報・コラム

column

ADHDの不注意特性には早期支援と対策が重要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHD特性のある人の代表的な困り事に、
ケアレスミスの多さや忘れ物、無くし物が多いといった
不注意特性による症状があります。

これらは発達障害でなくても誰にでもあるものですが、
ADHDの人はその頻度が極端に多かったり、とても重要な場面でも
記憶が抜け落ちたように忘れてしまったりするので
日常生活の中でも大きな支障が出てきます。
また、このような不注意特性は大人になっても続くので、
仕事や人間関係にも影響を及ぼしてしまうことがあります。

発達障害による脳の特性なので、これを無くすことはできませんが、
その子なりのミスをしにくい環境作りや
忘れ物をしない工夫、対策を考えながら将来に向けた支援を
していくことが大切です。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「棒くぐり」をご紹介します。

縄や棒を使って低い高さの障害物(罠)を作ります。
子ども達はうつ伏せのワニ歩きでこの罠の下を
くぐり抜けて遊びます。
罠の設定なので、体が罠に当たらないように気をつけて
くぐるように伝えます。

スムーズに進むためには手と足を上手に動かすことが必要で、
腕の力で体を引き付けること、足を股関節から大きく開いて
指先で地面を蹴ることがポイントになります。
また、罠に体が当たらないように、体の見えない部分にまで
意識を向けて動く力も大事です。

身体周辺感覚を養い、鉄棒や跳び箱などいろいろな運動の上達に
つながる基礎的な力を養っていくことができる遊びです。
ぜひ1人1人に合わせながら提供してみてください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る