最新情報・コラム

column

発達障害の子ども達にはそれぞれに得意や苦手があり個々に合った支援が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害を持つ子ども達は、個々に認知特性の問題や
注意・集中の面での困難などがあるため、それぞれに得意な分野・
苦手な分野があります。

そのため、個々の特性に合わせた取り組みでの支援が必要です。
特に苦手な分野については無理にやらせないこと、
その子のペースでスモールステップで進めること、
努力した姿勢や小さな成功をしっかり認めて褒めること、
そして苦手な分野ばかりやらせず得意なことや好きなことに
向かう時間を増やしてあげることなども大切になります。

苦手を克服することばかりに重きをおかず、子ども達の
生きやすさを大事にしながら支援をしていきましょう。

今日はこどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「雑巾がけ&ジグザグ雑巾がけ」をご紹介します。

一般的な雑巾がけをアレンジした遊びです。
手はパーに開いて雑巾の上につき、肘を伸ばした状態で体を支えながら、
脚力を使って前に進み、雑巾がけを行います。

まっすぐ進むだけではおもしろくないので、円のコースにしたり
コーンなどでジグザグのコースにして、
素早く体を切り返したり曲がることができるようにしましょう。
コースを設定することで動きが制限されるので
抑制力や身体コントロール力、空間認知力などを育てることにつながります。

雑巾がけは、今の時代なかなか行なう機会がないので、
運動あそびとして取り入れるのがおすすめです。
子ども達に合わせた楽しいアレンジでたくさん遊びこんでみてください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る