最新情報・コラム

column

発達障害の特性で感情コントロールが難しく悩んでいる子達がいます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の子ども達の中には、物事が自分の思い通りにならなかったり
どうしたら良いかわからなくなると、急に怒って怒鳴ったり
泣きわめいたりしてしまい、感情のコントロールがうまくできないことに
悩んでいる子ども達がとても多くいます。

これは発達障害による脳の特性で、「短気」とか「わがまま」という
ことではありません。
自分の気持ちを表現したり相手に伝えることが苦手で、
本人もどうしたら良いかわからなくて困っているケースが
多いので、気持ちが落ち着いたら話し合ってみたり、
できるだけストレスを減らしてあげるような工夫も大切です。

療育活動の中でも、そうした困り事を改善していけるように
促しながら、子ども達をサポートしていきましょう。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「忍者おつかい」をご紹介します。

タオルやハンカチを足の間に挟んでジャンプしながら
縄などの低い障害物を跳び越えていきます。
気をつけるポイントは、音を立てないジャンプをすること、
挟んだタオルを落とさないこと、障害物に当たらないことです。

ジャンプした時に、タオルを落としてしまう場合は
どの位置に挟めば落ちないかを見本を見せながら
しっかり伝えておいてください。
また、焦って進もうとするとジャンプで音がしてしまうので、
慌てずに膝の曲げ伸ばしの力を使って音のしない
静かなジャンプができるように促しましょう。

最初から全てを完璧にできなくても良いので、
少しずつ上達を目指して遊んでみてください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る