最新情報・コラム

column

気持ちを伝えることが苦手なASDでは生活面で多くの困難があります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD(自閉症スペクトラム)の子ども達は、
話し言葉が苦手で会話が成り立たないことがあります。
自分の気持ちを伝えられないということは、
社会の中で生きていくのにはとても困難があります。

助けて欲しい時、嫌なことをされた時、欲しいものがあったり
人を呼びたい時、伝えなければ人には伝わりません。

言葉の発達を促すことはもちろんですが、
相手への伝え方や伝えることの大切さを教えながら
少しずつコミュニケーション力を上げていくことが必要です。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「ボール足挟み渡しっこ」をご紹介します。

子ども達は数人ずつに分かれて座ります。
裸足で体操座りのように座ったら、両手は後ろにつきます。

足を前に出して両足の指先でボールを挟んで持ち上げます。
指先に力を入れることで腰から足全体に力が入り、
下半身の連動性も高まります。

ボールを持ち上げたら、隣の友達に足でボールを渡していきます。
受け取る人も、両足の指先で挟むようにして受け取りましょう。

ボールを足で持ち上げて相手に渡す時、強く腹筋が養われます。
できるだけ高い位置でボールの受け渡しができるように
最初の見本と声掛けで伝えておきます。

ボールを渡すやりとりで、相手が受け取りやすいような
気遣いを覚えることも大切なポイントです。
わかりやすく伝え、慣れてきたら
競争遊びなどにも発展させながら遊んでみてください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る