最新情報・コラム

column

力を効果的に育てる「さるのぶら下がり」の遊び方のご紹介です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「さるのぶら下がり」のアレンジ遊びをご紹介します。

さるのぶら下がりでは、腕を曲げて足を持ち上げて体を前後に揺らしながら
ぶら下がることがポイントです。
これをしっかり意識してできるようにするには、
言葉掛けや見本を見せるだけではなく、
自ら意識できるように持っていくことが効果的です。

例えば鉄棒の真下に落とし穴に見立てたフープを置いておき、
そこに落ちないように体を揺らすと体を大きく振ることができ、
低めの鉄棒にすれば足がつかないように自然と膝を曲げて上げることができます。

ある程度筋力が備わっていないと難しくなりますが、
短い時間からで良いので、ぜひ挑戦してみてください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る