最新情報・コラム

column

発達障害の子ども達には適切な対応が将来につながる力になります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

親御さんにとって、わが子が発達障害と診断されることで
困り事の原因がわかって安心できる一方、
進学や将来の就職についての不安も出てくると思います。

しかし、ASD(自閉症スペクトラム)やADHD、LD(学習障害)の
子ども達には、適切に対処してあげることで
勉強の遅れが取り戻せたり、得意な分野を伸ばしてあげたり
することが十分に可能です。
1人1人の特性をしっかりと見極め、将来に向けたサポートを
していきましょう。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「新幹線クマ」をご紹介します。

床にビニールテープなどで2本線を引き、線路を作ります。
この線路の上を、速いクマ歩きで進んでいきます。
線路は折り返してできるように2~3本作っておくと良いです。

速いクマ歩きを意識付けるため、「新幹線みたいに速くね」と
声掛けをしイメージを持たせ、先にお手本を見せておきましょう。
速いクマ歩きをするためには、体を支える強い支持力と
手足をスムーズに動かす協応力が必要になります。
どちらかの力が欠けているとうまくできません。
日常的にクマ歩きを行ない、必要な筋力や調整力をしっかりと
身に付けておくことが大切です。

これらの力をしっかり身に付けておくと、
その後の様々な運動のスムーズな習得につながり、
子どもの大きな自信になります。
また、日常生活での怪我を防ぐことにもつながるので、
1人1人が無理なく遊びながらスモールステップで
力を付けていけるように促していきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る