最新情報・コラム

column

発達障害の子ども達が転びやすい・動きがぎこちないことがあります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

子どもはよく転びますが、それは頭と体の比率やバランス感覚の
未熟さなどからみても、ごく当たり前のことです。
次第に体が発達してバランスがよくなってくると、転びにくくなり
安定して歩いたり走ったりできるようになります。

しかし、発達障害がある子ども達では成長しても転びやすかったり、
動きがぎこちない状態が続くことがあります。
この場合、他の子ども達と同じやり方や同じペースで上達していくのは
難しく、その子のペースに合わせた方法でのサポートが必要です。

こどもプラスの教室で提供している運動療育プログラムは
難易度調整が容易で、アレンジも豊富なので
運動が苦手な子でも遊び感覚で安心して行なうことができます。

今日はこどもプラスの教室で提供している運動療育プログラムの
「足を使った積み木積み」をご紹介します。

子どもは体操座りのように座り、両手を後ろについて
軽く体を支えるようにします。
そして、足だけを使って積み木を積んで遊びます。

積み木を挟む時は、くるぶし辺りではなく、両足の親指の辺りで
挟むようにします。
小さな積み木だと難しい場合は、大きな積み木や紙の箱などを
使ってみるのもおすすめです。

この遊びでは主に腹筋と太ももの筋肉を育てます。
腹筋や太ももの筋肉は、様々な運動の場面でも、普段椅子に姿勢よく
座るためにも必要な筋肉なので、
こうした遊びの中で日常的に刺激してあげることで
少しずつ確実に力をつけられるようにしていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る