最新情報・コラム

column

「線路グーパー跳び」で抑制力や模倣力を育てましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「線路グーパー跳び」をご紹介します。

 

床には2本のテープなどを使って線路に見立てたものを作ります。

その線路の中を、足を閉じて両手を胸につけたグーで、

線路の外は、両手両足を横に大きく開いたパーで進んで行きます。

「グー、パー」と言いながら一定のリズムで進めるようにします。

速く進むことができないので抑制力が身につき、

グーやパーの姿勢を記憶してそれを体で表現することでも

前頭前野を刺激することができます。

 

苦手な子には、指導者が前に立ち同じ動きをしてあげたり、

横に立って手をつないで足の動きだけを一緒にやってみたり、

その子に合った方法で上達を促していきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る