最新情報・コラム

column

「グーパー跳び」で考えながら運動し、脳を鍛えましょう。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

頭で考えながら体を動かすということは、とても脳を鍛えることになります。
ただ言われた通りに運動するのではなく、自分の頭で考えて
判断しながら動くことがとても大切なことです。

運動療育プログラム「グーパー跳び」で遊びましょう。
まずは「グー」と「パー」の動きをしっかり覚えます。
「グー」は肘を曲げて胸にくっつけ、足を閉じたポーズです。
「パー」は両手はバンザイにして開き、足も横に開いたポーズです。
形を確認したら、指導者の「グー、パー、グー、パー」の声に合わせて
自分も声に出しながら一緒に動いてみましょう。

形を思い出しながら声に合わせて動くという一連の動作を
リズム良くジャンプしながらできるようにしましょう。
脳の中で運動のプログラミングがスムーズにできるようになると
体の動きもスムーズになるので、繰り返し遊んでいきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る