最新情報・コラム

column

発達障害で会話のキャッチボールが苦手な場合個々に合った練習が大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の子ども達の中には、相手の話を最後まで聞かずに
話し始めてしまったり、一方的に話し続けてしまったりして
会話のキャッチボールがうまくできない子がいます。

1人1人に合った方法で練習することが必要になりますが、
会話の順番は目に見えないので、ボールやカードを使って
持っている人だけ話すというルールなどもおすすめです。

トレーニングのようになってしまわないように、
遊びの一環として取り入れることが大切です。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムの中から「大縄の走り抜け」をご紹介します。

指導者は一定のリズムで大縄を回します。
子どもは回っている縄の中にタイミングよく入り、一気に走り抜けます。
途中で止まったり走る速度が遅くなると縄に当たってしまうので、
一気に走り抜けるように見本を見せながら伝えます。

最も重要な力は「リズム感」です。
縄が回るタイミングと自分が走り出すタイミングをうまく合わせて
調整する力が必要になるので、リズムがとりにくい場合は
走り出すタイミングを声掛けや合図で教えてあげてください。

また、タイミングは取れていても、怖くて途中で止まってしまう
子もいます。
その場合は、指導者や上手な子と2人で手をつないで
走り抜けるようにして成功体験を積むことで、自信がついて
1人でもできるようになっていきます。

慣れてきたら3人くらいで手をつないで行なってみましょう。
友達と走り出すタイミングや走るスピードを合わせる必要があるので、
友達と意識を共有させることになり、より一層社会性を
高めることができてきます。

3人になると少し難しくなるので、子ども達の様子に合わせながら
行なってみてください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る