最新情報・コラム

column

子ども達が自主的に取り組める療育活動が大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

私達の頭の中にある神経は、使えば使うほど発達して強化されます。
好きこそものの上手なれという言葉があるように
好きなことは繰り返すから得意になります。
反対に嫌いなことも繰り返せば繰り返すほど嫌いになっていきます。

なので、子どもがやりたくないという時には無理にやらなくても良い
という選択肢も時には必要になります。
ただ、無条件にそうするのではなく、ある程度約束やルールを決めて
やらないようにする工夫も大切です。

そしていつも、子どもにとって楽しい活動であることを
考えながら療育活動を行なっていきましょう。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「ミニハードル走り」をご紹介します。

子どもの膝くらいの高さのハードルを複数設置し、
跳び越しながら走っていきます。
ハードルがない場合は椅子の足などにゴム紐をくくりつけるなどして
代用してください。

スムーズに進んでいくために、つま先で走ること、腕を振って走ること、
ハードルの前で一旦止まらないこと、両足ジャンプではなく走りながら
跳んでいくことを見本を見せながら伝えておきます。
ただ、全てを一度に意識して完璧に行なうのは難しいので、
子どもに合わせて1つ1つできるようにしていきます。

スムーズに走っていけるように繰り返し行ない、
空間認知力やハードルの高さに合わせてジャンプを調整し、
体の動きをコントロールする力をつけていきましょう。

また、慣れてきたらコースを直線だけでなくカーブのある
コースにしてみるなどのアレンジもおすすめです。
子ども達に合わせて無理なく楽しめるようにしてみてください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る