最新情報・コラム

column

LDでは話を聞いて理解したり覚えておくのが苦手なことがあります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の子ども達は、耳からの情報収集が苦手なことがあります。
LD(学習障害)特性を持つ子ども達の中にも、人の話を聞いて
理解し、それを覚えておくのが苦手という子ども達がいます。

そのため、「教科書の25ページの問題を解いてください。
終わったらドリルの6ページをやりましょう。
終わった人から先生に出して休み時間にしてください。」
と一度に複数のことを言われると抜け落ちがあったり、
漢字練習はふりがなをふるように言われたのを忘れてしまったり、
何度も同じ質問をしてしまったりします。

しっかり話を聞こうと思っていてもできないのが特性なので、
子どもが「ズルをした」とか「怠けている」「ちゃんと聞いていない」
と責められないよう、特性に合わせた工夫をして伝えることが必要です。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「横ジャンプ移動」をご紹介します。

数人ずつ一列に並び、進行方向に対して体を横向きにしたら
肘を体の横につけて、ステップを踏むように横ジャンプで
まっすぐ進んでいきます。
もし途中で曲がって進んでいってしまう場合には、
足元にテープなどでコースを作って行います。

顔の向きは進行方向ではなく正面を向いたまま進むようにし、
最初のうちは指導者が子ども達の前で向かい合って
見本を見せながら行います。

最近は日常の中で横に動く動作をする機会が少なく、
反復横跳びのような巧緻性を必要とする運動を苦手としている
子がとても多くなっています。
繰り返し行ない、リズミカルに長い距離を進むことができるように
遊びこんでいきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る