最新情報・コラム

column

学習障害で会話が苦手な子にも個々に合った対処法が効果的です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

私達が人と会話をする時、相手の話を聞き取るために
注意力を働かせ、そこから得た情報を記憶に留めるということを
無意識のうちに行なっています。
また、同じ言葉を聞いた時には文脈や相手の表情、
声のトーンなどから意味を考えるということもします。

学習障害の子ども達の中には、脳機能に何らかの障害があり、
これらのことが苦手で会話が困難な子ども達がいます。

1人1人に最適な方法を考えながら、少しずつ確実に
改善を目指していきましょう。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムの中から「ターザン」遊びをご紹介します。

鉄棒の真ん中辺りに折りたたんだ縄をくくりつけ、
ぶらさがった縄が下につかない程度の長さに調節します。
縄はただくくりつけるだけでは取れてしまって危ないので、
折った縄の輪の中に反対側を通して取れないようにします。

そして、ぶら下がった縄の輪の部分に足をかけて
両手で縄を握り、ターザンのように前後に揺れて遊びます。

鉄棒の高さが苦手な子でも取り組める遊びなので、
ぜひ取り入れてみてください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る