最新情報・コラム

column

「棒またぎくぐり」で身体周辺感覚を育てます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「棒またぎくぐり」をご紹介します。

2つのこども椅子とフープを用意します。
椅子と椅子の間にフープを掛けて、少し高さのある障害物を作ったら、
この障害物を1往復します。
まず、フープの中にまたいで入り、反対側をまたいで出ていきます。
帰りは同じようにまたいでフープに入ったら、出るときはワニのように
フープの下をくぐって出て行きます。

またぐ時やくぐる時に、足や頭の先まで意識を行き届かせていなければ
フープに当たってしまいます。
特にくぐる時にはフープが見えない位置にあるので、
フープの位置や自分の体をイメージすることが必要になります。
この遊びで身体周辺感覚を育て、日常生活でも生かせるようにしていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る