最新情報・コラム

column

大縄とびの練習は縄を回さない小波跳びから。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

縄跳びには短縄跳びと大縄跳びがありますが、

短縄跳びのほうがレベル的には難しいので、

大縄跳びの練習から始めたほうが習得がスムーズになります。

そして、大縄跳びでも最初は縄を回さずに揺らして行なう小波跳びで、

縄をよく見て跳ぶ練習をしていきます。

子どもは大縄の真ん中あたりに立ち、回し手の方に体を向けます。

大縄は回さずに、左右にゆらゆらと揺らすだけにして、

縄の動きをよく見て跳び越す練習をしていきましょう。

縄に合わせて跳び越すことが苦手な子には、

縄のタイミングをジャンプのタイミングに合わせたり、

跳ぶ時に声をかけることでタイミングよく跳ぶ練習を行ないます。

 

その場でのジャンプが縄跳び遊びでのポイントなので、

あちこち移動しないように工夫して意識付けしながら行ないましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る