療育活動での成功体験の積み重ねがやる気やモチベーションを高めてくれます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の子ども達でも定型発達の子ども達でも、
成長発達の過程での「成功体験」がとても大切になります。
この成功体験は、大きな成功体験が1つよりも小さな成功体験を
たくさん積めることがポイントです。

成功体験をすると、脳の中でドーパミンの分泌が高まり、
やる気が発揮されたりモチベーションを維持することができます。

子ども達の持っている力を最大限に引き出せるように、
運動あそびやその他の療育活動、日々の関わりの中での成功体験の
積み重ねを大切にしていきましょう。

今日は、こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「線路で4方向のウシガエル」をご紹介します。

まず床に2本の縄やテープで線路に見立てたものを作ります。
足を開いてしゃがんだら、両手はパーに開いて線路の中につきます。
そしたら、手はついたままで線路の右側に両足一緒にジャンプをし、
続いて線路の左側にまた両足でジャンプをします。
それから最初の位置にまた両足ジャンプで戻ったら、
最後に足を開いてウシガエルの姿勢で前に跳びます。
この動きを1セットとして、繰り返し行ないながら前に進んでいきます。

この遊びでは体幹の筋力や腕の支持力をしっかり養うことができ、
体の動きをコントロールする力の向上にもつながります。
そのため、この動きが素早くできるということは、自分の体を自分で
コントロールする力がついているということになるので、
今後の遊びの展開を考える上でもしっかり見極めてください。
まだ素早く行なえないうちは、ウシガエルの動きでスピードをつけた時
顔から転んでしまうリスクが高くなります。

また、広い場所がなくてもできるので、屋内でも運動量を稼ぐことができます。
これからどんどん寒くなりますが、たくさん体を動かして遊べるように
工夫をしながら取りいれてみてください。

関連記事:新幹線ウシガエルで跳び箱の練習。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る