最新情報・コラム

column

発達障害では空間認識能力が弱いことで日常生活に支障をきたす場合があります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHD、ASDなどの発達障害の子ども達は、
「空間認識能力」が弱いことがあります。
そのために、
よく物にぶつかったりつまづく
迷子になる
立体を把握できない
文字を書くことが苦手
運動が苦手
などのことが起こりやすくなります。

これらのことは日常生活の中で支障を来たすことが多いので、
運動あそびで楽しく改善を促していくことが大切です。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「スキップ記憶遊び」をご紹介します。
まず、広い場所に跳び箱・鉄棒・コーン・平均台・フープなどを
使ってコースを作っておきます。

このコースを、端から順番に回っていくのではなく、
指導者が指示した遊具だけを指示された順番に回ります。

例えば「フープをクマさん歩きで進んで、
鉄棒でコウモリをしたら、タンバリンにタッチして
戻ってきましょう。」などの指示を出し、1人ずつ行います。
言葉での説明だけではなく実際に見本を見せ、
難易度も子どもによって調整し、簡単すぎたり難しすぎたり
しないようにします。

この遊びでも空間認識能力を養うことができるので、
いろいろアレンジをしながら楽しく取り入れてみてください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る