最新情報・コラム

column

高所感覚や空間認知、バランス力も養う「跳び箱跳び移りジャンプ」です。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「跳び箱跳び移りジャンプ」のご紹介です。
跳び箱は1段と2段の高さを用意し、低い→高い、高い→低いというように設置します。
そしたら跳び箱の上に乗り、端からジャンプして渡っていきます。
最初は跳び箱同士の間はあまり空けないようにし、
徐々に広げていくことでレベルアップをはかりましょう。
距離が開くことでより空間認知も養われます。
そして、ジャンプした後はしっかりつま先で踏ん張って静止するのもポイントです。
ゆっくりで良いので確実に行なうようにしていきましょう。

高いところが怖い場合は手をつないで補助したり、
跳び箱の代わりに丸めたマットなどで行なっても良いです。
無理なく遊べるように、子どもに合わせたものを提供していきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る