最新情報・コラム

column

発達障害の特性はうまく伸ばしてあげることで長所にしていくことが可能です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

自閉症スペクトラム(ASD)やADHDなどの発達障害をある人達は、
他の人と脳の使い方が違っています。
そのため、ASDでのこだわりや集中力、ADHDでの挑戦心や
アイデアの多さなどは、うまく良い方向に伸ばしてあげれば、
それを活かせる職業について素晴らしい成功を収める可能性もあります。

発達障害の子ども達にとって周囲の支援やサポートは
必要不可欠で、それによって人生が大きく変わるものです。
子ども達の育ちをご家族と一緒にサポートしていきましょう。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「大縄のポイント走りぬけ」をご紹介します。
最初に「大縄の走りぬけ」をしてから挑戦します。

回っている大縄に当たらないように走り抜けますが、
この遊びでは走り抜けるコースを指定します。
右から入って左に斜めに抜けるコース、
直線に抜けるコース、左から入って右に斜めに抜けるコースの3つです。

ただ走り抜けるだけの時は縄の位置だけ意識すれば良いですが、
コースが決まっていることで入り口と出口も意識しなければいけなくなります。
縄とコースの両方に意識を向けながらできるように
入り口と出口には目印を作っておくのがおすすめです。

この遊びで、2つのことに同時に意識を向ける力や
空間認知力、判断力やリズム感なども養っていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る