最新情報・コラム

column

「スキップしながら大ジャンプ」でタイミングを計って動く練習です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラムの「スキップしながら大ジャンプ」をご紹介します。

まずはみんなでスキップをして動き回ります。
指導者は、途中であらかじめ決めておいた合図を出します。
合図があったらその場で大きなジャンプをし、またスキップに戻ります。

これを何度も繰り返し、合図に合わせてタイミングよくジャンプをすることや、
片足での踏み切りや着地を練習していきます。
片足で着地をしても、フラフラして倒れないようにすることで
バランスを取るための腹筋背筋が強くなります。
これは、正しい姿勢で立位を保つために必要な筋力でもあるので、
繰り返し行なって力をつけていきましょう。

スキップをしながらのジャンプは、タイミングがつかみにくいので、
指導者の動きに合わせて練習していきます。
人を見て息を合わせるようにすることで、相手を意識する力も養いながら
楽しく体を動かして遊びましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る