最新情報・コラム

column

ADHDの女の子では行動より思考の多動性が強い傾向にあります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDの女の子に多いのは、行動面での多動さは少なく、
「頭の中が多動」であるという症状です。
何かに取り掛かると、もうすでに次のことに興味が移っていて、
あれもこれもやりたくて結局時間がなくなってしまったりします。
頭の中の考えが落ち着く時がないのでいつも余裕がなく
いっぱいいっぱいになってしまいます。
そして、このような思考の多動性は体も心も疲れさせます。

発達障害は治療によって治るものではありませんが、
療育によって症状の改善、特性との上手な付き合い方や対策を
身につけていけるようにしましょう。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「指導者の指真似(右手と左手で別の動き)」
をご紹介します。
子ども達と向かい合い、両手を出したら、まずはグーチョキパーなどで
指導者の真似をしながら遊びます。

慣れてきたら指の数を変えたり、手で形を作ったりして遊びましょう。
模倣力やイメージ力、身体地図などの力を育てることにつながります。
どんどん発展させていくことができる遊びなので、
子ども達の段階に合わせて取り入れてみてください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る