最新情報・コラム

column

得意なこと苦手なことの差が大きい発達障害児。苦手な理由の見極めが重要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害など障害を抱えている子ども達は、
他の子達と比べて、得意なことと苦手なことの差が大きく開いています。
苦手なことに対しては、もちろん支援しながら能力を伸ばしていきたいのですが、
得意なこと、好きなことを伸ばすことで自信をつけながら、
少しずつ苦手なこともチャレンジしていくことが大切です。

そして、できないことの理由も様々なので、
まずはその理由をよく見極めることです。
理由がわかれば具体的な対処法方がおのずと見つかります。

今日は、運動療育プログラムの「さるのボール投げ」をご紹介します。
まずは鉄棒にぶらさがっておさるさんになります。
そして両足の指先でボールを挟んで持ち上げたら、
体を前後に揺らして反動をつけ、ボールを思いっきり飛ばします。

前に向かって飛ばせたら、次は真上に向かって飛ばし、
それができたら後ろに向かって飛ばせるようにしていきましょう。
これで、逆上がりでの足を蹴り上げる力が養われます。

ボールの他に、スリッパを飛ばしても楽しいですね。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る