最新情報・コラム

column

発達障害では苦手を補う努力よりも得意を伸ばすことが大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

定型発達の子ども達でも、得意・不得意はあります。
絵を描くのは得意だけど、運動は苦手。
走るのはとても速いけど、音楽は苦手。
みんなそれぞれに努力していたり、苦労もしています。

でも、どんなに努力してもそれだけでは追いつけないのが
発達障害のある子ども達です。
そんな時に大事なのは、周囲にいる人の理解とサポートです。

その子が得意なこと、興味のある分野での力を
伸ばしてあげることで、自信を持ちながら生活することが
できるので、しっかりと寄り添いながら支援していくことが大切です。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「カップひっくり返し競争」をご紹介します。
たくさんのカップを用意し、ひっくり返した状態で
床にばらまいておきます。

子ども達はカンガルージャンプをしながら、
このひっくり返ったカップを、全て反対に返していきます。
全てのカップをひっくり返したら、またカンガルージャンプで
最初の位置まで戻ってきます。

カップを早くひっくり返したくて走っていきたい気持ちを我慢して、
カンガルージャンプで進むことで抑制力が育ち、
ルールを守る社会性なども養うことができます。

ジャンプやしゃがむ動きを繰り返すことで
下半身の筋力や体幹が強くなってくるので、
繰り返し遊ぶことが大切になります。
慣れてきたらチーム分けをして、競争してみるのもおすすめです。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る