最新情報・コラム

column

「さるのボール上げ→逆上がり」で逆上がりの練習です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「さるのボール上げ→逆上がり」をご紹介します。

まずは鉄棒に脇を締めた状態でぶら下がり、さるになります。

そしたら足元にあるボールを両足で挟んで持ち、できるだけ真上まで上げていきます。

上げる位置を目印で示してあげるとわかりやすくなります。

そしたらそのまま回って逆上がりをしますが、

強い懸垂力と腹筋が必要になる動きなので補助が必要な子がほとんどです。

補助はできるだけ子どもが全力を出せるように見守った上で、

あとの足りない力を少し補ってあげるように意識して行ないます。

最後降りるところまで、顎をぶつけたりしないように気をつけてください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る