最新情報・コラム

column

「両足サルキック」で腹筋や足の内側の筋力を育てましょう。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「両足サルキック」をご紹介します。

まずは鉄棒につかまって肘を曲げてぶらさがるサルになります。

そしたら目の前に目標物をかかげ、両足を閉じた状態でキックします。

足がバラバラにならないようにしっかり”魔法ののり”でくっつけておきましょう。

 

足を閉じておくことで、腰、ひざ、足先への力の伝動がスムーズになり、

より強くキックすることができ、同時に足の内側の内転筋が刺激されます。

この内側の筋力は、普段椅子に座るときに足を閉じているために

必要な力なので、しっかり育てていけるように意識して行なっていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る