最新情報・コラム

column

「さるのボール投げ」で強い懸垂力と腹筋を養いましょう。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

放課後等デイサービスの運動療育プログラム「さるのボール投げ」のご紹介です。

まずは鉄棒に両手でぶら下がっておさるさんになります。

この時できるだけ腕を曲げて脇を締めたままぶら下がりましょう。

そしたら両足の指先でボールを挟むように持ち上げて、

体を揺らして反動をつけたら力いっぱい前に向かって飛ばします。

ある程度やってできるようになったら、

目的の場所に投げることができるように指導者に向かって投げたり、

大き目のかごを置いて中に入れるようにしてみます。

できそうなら、得点制にして競い合ってみても面白いですね。

 

遠くまで飛ばすことができない場合は、

子どものお尻や腰を軽く持ち上げてあげるように補助をすると

体重が軽くなった分ボールを投げやすくなります。

補助が必要な子には、ぶら下がり遊びを日常的に取り入れて

力の発達を促していきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る