最新情報・コラム

column

発達障害ASDでは体を動かすのが苦手な子が多いので支援が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASD(自閉症やアスペルガー症候群)では、
運動が苦手で体育の授業が苦手だったり、
手先が不器用で鉛筆がうまく持てず、字や絵を描くのが苦手、
衣服の着脱も苦手、という子ども達がとても多くいます。
それは、外からの感覚刺激が脳の中でうまく理解できず、
頭と体がバラバラになってしまっていることも原因です。

子ども達が続けられる楽しい療育活動で、
できることを1つ1つ増やしていけるように支援していきましょう。

運動療育プログラムの「ウシガエルの跳び乗り」をご紹介します。
スタートラインから少し先に跳び箱を置いておき、
跳び箱までウシガエルの動きで進んだら
跳び箱の上に両手をつき、足を開いてジャンプし跳び乗ります。
足の位置は、両手の外側につけるように股関節から大きく開きましょう。

支持力が不十分だったり、手足が別々のジャンプができないと危ないので、
まずはウシガエルの動きで、腕の支持力と、
手をついたままで足だけジャンプすることを覚えてから行い、
安全に遊べるようにしていってください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る