最新情報・コラム

column

ADHDでは治療薬もありますが療育を併用することが大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDの特性は日常生活に様々な支障をきたしてしまうので、
症状によってはうまく薬を使いながら改善を目指すことも大切です。
薬によって暮らしにくさを減らし、成功体験を増やして自信をつけながら、
同時に療育によって改善を促していくのが効果的です。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「忍者カンガルーの縄越え」をご紹介します。

高さのある縄をジャンプして遊びます。
縄の高さは子ども達の膝の高さ程度に設定します。
その縄の前に立ち、両膝をくっつけたまま跳び越しますが、
「忍者」なので足音を立てないように
静かにジャンプ、着地をします。

音を立てない静かな着地を意識することで、
下半身のクッション性や全身の連動性を
高めることができます。
また、ジャンプ遊びでは足の指先の踏ん張り力や
腹筋背筋もしっかり刺激できます。

気をつけるポイントがいくつかありますが、
全てを意識して行なうのは難しいので、
ポイントを絞って行ない、あまり指摘しすぎないように
楽しくできることを大切にしましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る