最新情報・コラム

column

LDと勉強嫌いの区別は難しさを伴います。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

学習障害(LD)と勉強嫌いの区別は、素人では難しくなります。
勉強嫌いの場合は、一定時間勉強することで理解できますが、
LDの場合は、がんばって練習や勉強をしても、
特定の分野だけが目立って理解できません。

苦手な分野を補っていくことも大切ですが、
他の得意な分野の力を最大限に伸ばしていけるように、
支援やサポートをしていくことがポイントです。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「クマの姿勢で足じゃんけん」
をご紹介します。
友達と2人組になり、向かい合ってクマの姿勢になります。
顔を上げて相手を見ながら、タイミングを合わせて
足じゃんけんをします。

リズムに合わせて足を蹴り上げ、グーチョキパーを
正確に表現して遊びましょう。
腕の支持力や腹筋背筋、空間認知力や上半身と下半身を
連動する力が養われます。
そして、人を意識して一緒に動くことで協調性や社会性が
育ってくるので、繰り返し遊べるように工夫してみてください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る