最新情報・コラム

column

だんだん複雑になる人間関係の中では適切な支援をうけることが大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

人間関係というものは、年齢が上がるにつれて複雑になります。
子どもが成長発達していく過程では、
発達障害の有無に関わらず、人間関係や周囲の環境に
大きく影響をうけていくものなので、
適切な支援や理解が得られることが最も大切です。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「マネっこ歩き」をご紹介します。
指導者を先頭しにて一列に並び、後について歩いていきます。

電車遊びのように前のお友達につかまりません。
少し間を空けて、指導者の動きを真似しながら歩きます。
前の人について歩きながらも指導者の動きを良く見て、
素早く真似ができるようにしましょう。

認識力、集中力、判断力、模倣力などが弱いと
列から外れてしまったりして上手にできないので、
単純な動きから始めて徐々に難易度を上げていき、
上記の力の発達を促していきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る