最新情報・コラム

column

早期発見のために発達障害の年齢ごとの特徴を知っておくことが大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

幼児期の子どもの発達は個人差が大きく、
平均より遅いからといって即問題になるわけではありませんが、
「他の子より少し遅いだけ」「いつかできるようになる」
と何もせずにいると、もし発達障害があった場合には
適切な支援・サポートができない可能性もあります。

また、必要以上に子どもを叱ってしまうこともあるので、
早期発見の意識が大切です。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「大きいウシガエル」をご紹介します。
まずは足を開いてしゃがみ、両手をパーにして中につき
カエルの姿勢になります。
そしたら、手→足→手→足の順番に動かして進みますが、
足の位置は、手よりも前にくるようにします。

手よりも足が前にくることで腕にかかる負荷が大きくなり、
前のめりに倒れこむ恐怖が出てきます。
ここでしっかり身体を支えられると、
跳び箱で開脚跳びをする時の抵抗感がなくなってきます。

速く進む必要はないので、1つ1つの動きを確実に
行ないながら跳び箱の跳び越しにつなげていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る