最新情報・コラム

column

ASDやADHDに多い睡眠障害は早期の対応で改善をはかることが大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

自閉症スペクトラムやADHDなどの発達障害のある子ども達は、
睡眠障害が現れることがよくあります。
睡眠障害の状態が長く続くと、本人はもちろん親や家族もつらく、
日常生活にも悪影響が出てきてしまいます。
早期に適切な対応をとることで改善できることが多いので、
生活リズムを整え、細かな環境調整をしていくことが大切です。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「回転大縄跳び」をご紹介します。
大縄跳びを1人ずつ跳びますが、
その場でくるくる回転しながら跳びます。
回転角度は最初は指定しなくても良いので、
その場でもジャンプを大事にしましょう。

その場で一定のリズムで跳び続けるためには
腕振りが重要なので、しっかり意識して行ないます。
さらに回転しながらなので、跳ぶ時に上半身をひねりながら跳び、
着地の時も転ばないようにバランスをとりながら
次のジャンプの用意をする必要があります。

縄はゆっくり大きく回し、苦手な子にはジャンプのタイミングに
縄の動きを合わせてあげながら練習していきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る