最新情報・コラム

column

ADHDのケアレスミスの多さにはその子に合った解決方法を見つける必要があります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDの特徴として、ケアレスミスの多さも挙げられます。
それは日常の中のことでも勉強でも仕事でも起こり、
内容は理解しているのに、ケアレスミスで失敗を繰り返してしまいます。

もちろん誰にでもケアレスミスはあることですが、
あまりにも頻繁だと生活にも支障を来たしてしまいます。
その子の特性を理解し、対策方法を見つけていくことが大切です。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「カメコースター」をご紹介します。
友達と2人組みになり、1人がカメで引っ張られる役、
もう1人はそのカメを引っ張る役になります。

カメの子が床にうつ伏せになって両手をしっかりつないだら、
両足を曲げてお尻につけるようにします。
引っ張る子は後ろ向きの姿勢で友達を引っ張っていきます。
いきなり強く引っ張ると手が外れて転んでしまうので、
ゆっくり引っ張っていくようにします。

カメの子は足を曲げて上半身を反らせることで
背筋が強く育つので、腕を少し曲げて体を持ち上げるような
イメージでできると良いです。
引っ張る子も体幹の筋力や足の指先の踏ん張り力が強くなります。

2人組みでの遊びは、集団遊びの基礎になるので
楽しく遊べるように工夫していきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る