最新情報・コラム

column

前後カンガルーで良い姿勢作りにも。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

自分の体の動きをコントロールすることが苦手な発達障害児。
どのくらいの力でやれば良いのか、
どこまで手を動かせばいいのかなどのことがうまく調節できず、
前進を動かすような遊びは苦手なことも多いと思います。
タイミングよくジャンプするといったことも苦手な子が多いので、
ジャンプ遊びも積極的に取り入れていきましょう。

今日は「前後カンガルー」のご紹介です。
少し高さのあるゴム紐などを張り、そこを前後にジャンプします。
足を太ももからしっかり上げてジャンプするには
跳躍力の他に腹筋背筋の力も必要です。
また、ゴム紐の位置や高さをとらえる空間認知や
ジャンプして着地のときに転ばないバランス力などもつきます。

体幹の力をつけることで普段の姿勢の維持にも効果があります。
悪い姿勢が続くと内臓や骨盤がずれるだけでなく、
肥満や精神面での悪影響にもつながるので、
ぜひ良い姿勢作りができるようにしてあげましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る