最新情報・コラム

column

忍者カンガルーの縄越えで縄跳びの練習です。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

日常生活の中や、遊んでいる時などのケガは、できれば防ぎたいものです。
子ども達の基礎筋力をつけることはもちろんですが、
集中力、抑制力、空間認知など様々な力も養うことで、
ケガを減らすことが出来ます。

日々の運動療育プログラムで効果的に能力の発達が促せるように、
声掛けや取り入れ方など工夫していきましょう。

今日ご紹介するのは「忍者カンガルーの縄越え」です。
子どもの膝くらいの高さに縄を張ります。
子どもは縄に当たらないようにジャンプして跳び越えますが、
両膝はくっつけたカンガルーさんで、
着地は膝を曲げてクッションをうまく使って静かに忍者で着地します。
全身のクッションを使って静かに着地することは
子ども達には難しいかもしれませんが、
イメージをふくらませて繰り返しチャレンジしてみましょう。

膝の高さの縄を跳ぶことで、より強い空間認知と跳躍力が身に付きます。
縄跳びで縄を跳ぶために、目でしっかり縄を捉えてジャンプする感覚を養いましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る