最新情報・コラム

column

子どもの発達を促す模倣遊び、まねっこ歩きもおすすめです。放課後等デイサービスのフランチャイズ

発達障害の子ども達は社会性やコミュニケーション能力の低さがあります。
自閉症やダウン症なども年々増えているといわれているので、
できるだけ多くの子どもに早めの対応をしていけるような環境作りが大切だと思います。

社会性やコミュニケーション力を育てるためには、
他者に意識を向けさせることを訓練する必要があります。
発達障害の子ども達にはとても難しいことなので、
遊びの中で自然に育てていけるように指導しましょう。

今日は模倣遊びの「まねっこ歩き」のご紹介です。
数人で列になり、一番前の隊長の動きを真似しながらついていきます。
最初は今まで遊んできたクマさん歩きやカンガルー跳びなどに変身し、
隊長の動きや形をよく見て同じことができるように声掛けします。

人をよく見ることで、コミュニケーション能力などが上がるので、
模倣遊びもたくさん取り入れていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る