最新情報・コラム

column

2人スキップで社会性を育てましょう。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

社会性を育てることは、人が社会の中で生きていく上で欠かせないものです。
子ども同士で遊ぶことや集団で活動することでだんだんと身に付いていくものですが、
発達障害の子ども達はそれが難しいので、
放課後等デイサービスでの療育活動で少しずつ学んでいくことができれば良いですね。

今日は他人を意識することができる「2人スキップ」です。
2人で手をつないでスキップをしますが、
相手のことを意識しながらスピードをあわせることで社会性が育ちます。
なかなか人に意識を向けることが難しい子ども達ですが、
こういった遊びを通して他人を感じることができるようになってきます。

あくまでも楽しく行えることがポイントなので、
嫌がっていたら無理をさせず、やり方を工夫してみましょう。

今後も、子どもの心と体の成長を促すような指導をしていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る