最新情報・コラム

column

並びゲームで集中力と判断力の育成を。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

私達の能力で、目や耳からの情報を正確に判断して
素早く動くということは日常生活でとても重要な能力です。
事故や怪我を未然に防ぐことにもつながるので、
判断力、理解力などは高めておきたい力です。

普段の活動の中で自然に身につけることで
子ども達もトレーニングをしている感覚にならずにできるので、
効果的に身につけられるように取り入れていきましょう。

今日は紹介するのは「並びゲーム」です。
あらかじめ、壁などに赤、青、緑などの目印を張っておきます。
指導者が出した指示に当てはまる子だけ指定された色のところへ動きます。
例えば「7月生まれの人は赤に移動しましょう。」
「チェックのズボンをはいている人は緑に移動しましょう。」
など、たくさんの子供が当てはまらないように指示を出します。

指示の声によく耳を傾けて聞き、自分に当てはまるか判断して
当てはまったら素早く動けるように促しましょう。
集中して楽しめるように、指示の内容を工夫してみましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る