最新情報・コラム

column
カテゴリー別アーカイブ:

未分類

発達障害の傾向があっても知識や経験がないと見逃してしまうことが多々あります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

子どもが第一子の場合、両親も子育ての経験がない状態で始まります。 そのため、発達障害の傾向があったとしても 「子どもだからこんなものかな」と見逃してしまうことがあります。 もちろん心配しすぎても良くありませんが、 発達の […]

続きを読む

発達障害による症状は厳しい躾や叱ることでは治りません。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDなど発達障害がある子は、小さい頃から怒られたり 注意を受ける経験が多く、それが重なることで 「自分はダメな人間なんだ」と思い込み、二次障害に つながりやすくなります。 また、母親に怒られ続けることで信頼関係が築け […]

続きを読む

発達障害の子ども達が指示通りに動けない時は指示を工夫する必要があるかもしれません。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

「子どもが言うことを聞かない」という相談はよくありますが、 子どもが指示通りに動かない場合は、もしかしたら指示の内容が 理解できていなかったり、やろうとしてもできないのかもしれません。 例えば指示の出し方が「そこ、綺麗に […]

続きを読む

発達障害特性で1列に並ぶのが難しい場合は遊びながら練習します。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

保育園や幼稚園、小学校など集団生活の中では、子ども達が1列に 並んで移動する機会がたくさんあります。 この「1列に並んで歩く」ことが、発達障害の子ども達にとっては とても難しいことで、頻繁に列から外れてしまったり前のお友 […]

続きを読む

発達障害の子ども達では発音の不明瞭さがみられることがあります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の子ども達の中には、発音が不明瞭だったり 特定の音の発音が苦手ということがあります。 その場合、口周りや舌の発達を促す遊びを取り入れたり 発音の練習をしていきますが、できないことを何度も繰り返し 練習していくだけ […]

続きを読む

発達障害ではその子のできるやり方で生活スキルを獲得していきます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASDでコミュニケーションの苦手がある子ども達は、 自分で何かを要求、拒否、選択することが困難です。 「これは嫌いだからやりたくない」と思っていても、 それを言葉にして相手に伝えることができないので 無理にやらされてパニ […]

続きを読む

ASDでは人との距離感がつかみにくいことがあり早期の対応が大切です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

人にはパーソナルスペースと呼ばれるものがあり、 その距離より近寄られると不快に感じます。 ASD(自閉症スペクトラム)の子ども達はこの理解が難しく、 急に抱きついたり、近づきすぎて友達に嫌がられてしまったり、 しつこく話 […]

続きを読む

ADHDにはストレス耐性が低く感情が不安定という特徴もあります。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ADHDの人は、ストレス耐性が低い傾向にあるといわれます。 また、感情のコントロールが苦手で他人からの何気ない言葉に 深く傷ついたり、ちょっとしたことで怒りの感情を爆発させてしまったり 感情の起伏が激しく不安定なことが多 […]

続きを読む

ASDでは物事の概念理解が難しく多くの不安を抱えています。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

ASDの子ども達は、物事の概念の理解が難しいという特徴があります。 例えば、いちごを見た時に、私達はいちごの大きさや重さ、 形などをすぐに想像できます。 食べたら甘酸っぱくて、中は白いこともわかります。 例え知らなかった […]

続きを読む

発達障害の子ども達の問題行動への対応は配慮が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の子ども達が問題行動やトラブルを起こした時の 対応では、気をつけなければいけない点があります。 「こんなことしたらダメでしょ!」や 「どうしてこんなことしたの?」ではなく 「〇〇がいやだったよね。」や 「△△がし […]

続きを読む