最新情報・コラム

column

発達障害の診断がなくても支援を必要としている子ども達がいます。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

子ども達の中には、発達障害の診断は受けていないものの、
「落ち着きがない」「人の話を聞いていられない」
「一人遊びが多く集団行動が苦手」「身の回りの整理整頓ができない」
「話がうまくかみあわない」「パニックになりやすい」
など、少し気になるところがある子ども達が増えています。

この子達の気になるところが「支援が必要なのか」
「個性の範囲内なのか」を、しっかり見極めていくことが必要です。
一番は子どもが生活しやすい環境になるように、
大人側の気付きや働きかけがとても大切だと思います。

こどもプラスの放課後等デイサービスで提供している
運動療育プログラムから「ペアで積み木」をご紹介します。
子ども達は2人ペアになり、向かい合って体操座りのように座り、
両手は後ろについておきます。
そして、足だけを使って積み木を挟んで持ち上げ、
順番に積み木を高く積んでいきます。

腹筋や太ももの筋肉が育つ遊びですが、
まだ筋力が弱い子はあまり高くまで積むのは難しいので、
高く積むだけでなく、横に長く並べてみたり何かの形を作ってみたり、
いろいろな遊び方で遊んでいきましょう。

空間認知力や考える力、社会性やコミュニケーション力などが
強く刺激される遊びです。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る