最新情報・コラム

column

発達障害の子ども達の問題行動への対応は配慮が必要です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

発達障害の子ども達が問題行動やトラブルを起こした時の
対応では、気をつけなければいけない点があります。

「こんなことしたらダメでしょ!」や
「どうしてこんなことしたの?」ではなく
「〇〇がいやだったよね。」や
「△△がしたかったんだね。」などの声掛けで
子どもの気持ちを受け入れ、言葉にしてあげるようにします。

そして「してはいけないこと」を明示したり、
代替行動を提案したりしながら、改善を促していきます。
1人1人に合った声掛けがだんだん決まってくるので、
子ども達をよく観察しながら特性に合わせた関わりを大切にしましょう。

こどもプラスで提供している運動療育プログラムから
「アヒルダッシュ」をご紹介します。
膝を開いてしゃがみ、つま先立ちになります。
そして、この姿勢で歩いたり走ったりしてみましょう。

上手に進んでいくためには、足を出す時に太ももの付け根辺りから
動かすようにすることがポイントです。
普段歩く時にはあまり意識して動かさない部分なので、
運動あそびで積極的に動かしていきましょう。

かなりバランスをとる力が必要になるので、
最初から速く走ることはせずに少しずつスピードアップを目指します。
そして、徐々に速く安定して走ること、音を立てずに走ることで
強い体幹の筋力や巧緻性などをしっかりと育てていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る