「回転大縄跳び」で同じ位置で跳ぶ練習です。放課後等デイサービスの運動療育プログラム

短縄跳びや大縄跳びでは、同じ場所で跳び続けることが必要になります。

これは口で言ってもなかなか難しいことなので、
自然にそうできるように練習をすることがポイントです。

床にテープで枠を作るのも一つですが、
その場で回転しながら大縄を跳んで遊んでみましょう。
縄はゆっくり大きく回しましょう。
リズム良く連続して跳ぶために腕振りを連動させ、声掛けなども行ないましょう。

ある程度できるようになったら、90度や180度ずつ回転することも
挑戦して体のコントロール力を上げていきましょう。

こどもプラスが運営するInstagramの公式アカウントで、大縄跳びのアレンジ方法を紹介しています。動画付きで解説しているので、運動遊びをするさいにお役立て頂けます。


縄跳びに関する運動遊びをもっと知りたい方は、こちらの記事も参考にしてみてください。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る