最新情報・コラム

column

「大縄の走り抜け」でタイミング力を養い大縄跳びの練習です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「大縄の走り抜け」をご紹介します。

まず、大縄は通常の大縄跳びのように大きくゆっくり回します。

子ども達は1人ずつ縄の正面に立って、タイミングを見て中に入り、そのまま走り抜けます。

最初はタイミングがつかめないので、合図を出してあげましょう。

 

動いている縄の中に入っていくことで、強い空間認知が育ち、

集中力や判断力、瞬発力も身についてきます。

徐々に自分でタイミングを見て入れるようにしていき、

慣れてきたら友達と手をつないで一緒に走り抜けることにも挑戦していきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る