最新情報・コラム

column

「ミニハードル走り」で協応力を養います。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「ミニハードル走り」をご紹介します。

子どもの膝くらいの高さのミニハードルを走りながら越えていく遊びです。
スムーズに走りながら越えていくためには、つま先走りを意識することと、
手をしっかり振ることです。
そして、大きなジャンプになってしまうと時間がかかり、
小さなジャンプでは引っ掛かってしまうので、ハードルの高さに合わせて
体をうまくコントロールして動かす必要があります。
このような遊びで、空間認知力も強く育てていくことができます。

最初はハードルの前で止まってしまったり、両足のカンガルージャンプになったり
してしまう子もいるので、その場合はまたぎ歩きから始めていきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る