最新情報・コラム

column

頭と体の連動性が高まる「いじわる縄跳び」です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「いじわる縄跳び」をご紹介します。

大縄を子どもの足元で左右にゆらゆら揺らします。
子どもは、縄に引っ掛からないように両足ジャンプで跳び越します。
大きく揺らしたり小さく揺らしたりして、
慣れてきたら途中で縄をピタッと止めていじわるをします。
縄が止まったら跳ばずに体を止めることができるように練習しましょう。

縄をしっかり見ることと、体を回しての方に向けることに気をつけましょう。
低位置で連続して跳び続けるために足元には四角い枠を作っても良いです。

この遊びが上達すると、頭と体の連動がスムーズになるので、
2つの動作を同時に行なう器用さも身に付いてきます。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る