最新情報・コラム

column

自分の体を考えて動かす力を養う「ウシガエルのフープ渡り」です。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動あそびではただ何となく体を動かすのではなく、
体の動きをコントロールしながら動くことが大切です。

運動療育プログラムの「ウシガエルのフープ渡り」をご紹介します。
複数のフープをくっつけて並べ、そのフープの中だけを
ウシガエルの動きで進んでいきます。

フープを使わないウシガエルでは、手足の位置をそれほど意識せずに
動かして進むことができますが、フープがあることで
手をつく位置、足をつく位置を考えながら動かなければいけません。
大事なのは手をつく位置です。
手をフープの端についてしまうと足をつく位置がありません。
手をついた後に足もフープの中に入れることまで考えて動き、
自分の体を考えて動かす力を育てていきましょう。

そして、次のステップに移行しやすくするためにもお尻をしっかり上げて、
手→足→手→足と動かしていけるようにしましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る