最新情報・コラム

column

「反復横跳びでフープまたぎ」でリズム感や集中力の持続力を養います。 放課後等デイサービスの運動療育プログラム

運動療育プログラム「反復横跳びでフープまたぎ」のご紹介です。

今の子ども達が小学校の体力テストで苦手な項目は、
反復横跳びや柔軟性の項目が多くなっています。
反復横跳びは、リズム感や体のコントロール力、集中力や記憶の操作力などが
必要になり、難易度の高い動きです。

繰り返し丁寧に練習し、スムーズにできるようになったら
反復横跳びの動きで、並べたフープをまたいでいくことにも挑戦してみましょう。
慣れるまではフープの中に両足で入ってしまったり、
ドタバタしてうまくできない子がいると思います。

手をつないだり、フープの数を減らしたり、フープ無しに戻ってみたりしながら、
無理なく挑戦していけるようにし、上達を促していきましょう。

お問い合わせはこちら

一覧へ戻る